脱.雇われサラリーマン

〜サラリーマン不労所得への道〜

おすすめキーボードまとめ!現役システムエンジニアが選ぶのはこれだ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

f:id:daisuke6106-0909:20181209232919p:plain

 

現役システムエンジニアがおすすめするキーボードをご紹介しようと思います。

  

システムエンジニアにとって、キーボードの選択はとても重要です。

仕事の大半をパソコンと向き合いながら仕事をしています。

 

 

そのためキーボードにこだわりを持っているシステムエンジニアもとても多いです。

使いやすいキーボードを使用することで、

長時間作業からの肩こりを解消したり、効率的に仕事ができるようにもなります。

 

ぜひ一度、今使われているキーボードを見直してみましょう!

 

東プレRealForce 

 

こちらはキーボードの中でも超有名ですね!!

知ってる方も多いでしょう、東プレのRealForce です!

キーボードにしては少し価格はお高めですが、

とても性能に優れているので、ポイントを見ていきましょう!

 

 

 

静電容量無接点方式

難しい言葉で書いていますが、この技術はすごいです。

 

普通キーボードはそれぞれのキーを押した際に下にあるボタンが押されて

入力が認識されます。

こちらのキーボードはタイピングする際に、電力の力で入力をしてくれます。

そのため入力のタイピングが非常に楽になります( ´ ▽ ` )ノ

 

指への負担が少なく疲れにくい

なんとキーボードのキーの重さが場所によって違うんです!!

メインで動かせるキーボードの中心部分に比べて、

小指でタイピングする両側は少し軽くなっています。

 

中心は45gに対して両側は30g!!!

 

小指でタイプする部分は少し疲れやすいですもんね( ^ω^ )

なんと細かいところまで気を使ってくれるキーボードでしょうか!!

 

 

Filco シリーズ

こちらは私が仕事でもプライベートでも使用しているキーボードです。

数年前にハマりまして、現在も愛用しています( ^ω^ )

 

なんともいってもバリエーションが豊富

f:id:daisuke6106-0909:20181209210945p:plain

DIATEC|ダイヤテック株式会社 製品情報

 

何と言ってもFilcoの特徴は軸の種類です。

5種類の色で軸の特徴を分けており、それぞれとても個性があるので、

どんなニーズにも答えることができるようになっています。

 

特徴はこんな感じです。

 

ピンク軸

こちらはキーの入力音に配慮したキーボードです。

キーを押す音がとても静かなので、職場での音とかがきになる人には最適です!

 

赤軸

すべての種類の中でもっともキーの打ち心地が軽いです。

そのため長時間の仕事に向いています。

また、キーボードの入力音も黒軸や青軸と比較すると静かです。

 

茶軸

ザスタンダード!!!笑

 

青軸

入力する際のタイピング音がたまりません。

キーを押すたびにカチッ♪と音なるため気持ちいい入力感を感じることができます。

ゲームでキーボードを使用される方などにはもってこいです。

 

黒軸

こちらは私も職場で使用しているキーボードです。

キーを押す際の重みがすべての中で一番重たいです!

その分キーボードを入力している感覚を直接感じることができます。

また、キーの反発も大きいため、指に負担をかけずに長い文章を入力することができます!

 

 

Sculpt Ergonomic Keyboard

こちらは少し変わっているデザインですよね( ^ω^ )

システムエンジニアだからこそ使っているキーボードかもしれませんが、

入力のしやすさに特化したデザインのキーボードになります。

 

手首の置き位置に合わせた形状

キーボードを使う時って、手首ってどうなってるかじっくり見ないですよね?

よくよく見るとまっすぐではなく内側に向いてますよね( ^ω^ )

こちらのキーボードはその形状に合わせています!

 

クッションが支えてくれる

キーボードの手前にあるクッションが手首の支えになってくれます!

パソコンの使いすぎで手首が腱鞘炎になったりする方もいたりしますが、

そんな方はこちらのクッションが助けてくれるでしょう( ´ ▽ ` )ノ

 

 

持ち運びにはIC-BK03

最後は持ち運ぶようのキーボードのご紹介です!

 

コンパクトでカバンに入れておける 

このキーボードは外出先で使う時に使うことをお勧めします!

カバンの中にとてもコンパクトに入れておくことができ、

重量もとても軽いので重たい思いをする必要がありません。

 

IPadタブレットにも接続できるので、

キーボードがない端末に使うのがお勧めですね( ´ ▽ ` )ノ

 

 ただ、手が大きい人には少しだけ使いづらいですかね。。。笑 

 

まとめ 

キーボードにはいろんな種類があります。

一度、変えてみるだけでも仕事の効率が変わるかもしれませんよ( ´ ▽ ` )ノ