脱.雇われサラリーマン

〜サラリーマン不労所得への道〜

過去の記事もリライトして資産記事に!!とにかく分析をしまくれ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サラリーマンおすすめ副業はこちら

 ▼A8.net:初心者ブロガーは必ず登録ここちらから

▼ココナラ:あなたの得意分野を売ってみませんか? 

 

 

f:id:daisuke6106-0909:20181202201212p:plain

兼業ブロガーの悩み、アクセス数の伸び悩みに関して

今日はまとめていこうと思います。

サラリーマンの方は実業務の隙間を見つけて、

ブログを更新してる方がほとんどだと思います。

 

最近少し悩みがあるんですよねー

どうしたんだい!!?

ブログで記事はいっぱい書いてるんですが、なかなかアクセスが増えないんです。。。

今まで書いた記事のリライトってしてるかい?

ん!?リライトって何ですか!?

リライトとは一度書いた記事を分析して、修正することだよ。

どうしてそんなことをするんですか?

一度書いた記事は分析することでいろいろわかることがあるんだ。その内容に応じて、記事を修正することでさらにアクセスを集めることができるというわけだよ!!

なるほど!ではリライトをすれば今までの記事もアクセスを集めることができる資産記事になるかもしれないということですね!!

そうだよ!!早速リライトのやり方を見ていこう!

 

 

リライトで過去の記事を資産記事に変えてみよう

過去に書いた記事もあなたにとっては資産であるはずです。

それをどのように活かすかはリライト次第だと思います。

 

過去の書いた記事はどのようにリライトすればいいですか?

リライトするためには分析ツール”サーチコンソール”を使うといろいろな情報を取ることができるよ!

名前は聞いたことがありますが、どのように分析すればいいのでしょうか?

では、一緒に見ていこう

 

 サーチコンソールで記事の分析をしよう

サーチコンソールではページごとにいろいろな情報が溜まっております。

Googleでいろんな人が検索されたすべての情報が蓄積されており、

それらの集まった情報をサーチコンソールを通して確認することができます。

 

  1. 記事検索数
  2. 検索表示回数
  3. 検索表示順

 

などなどたくさんの情報を集めることができます。

調べることができる内容はこちらで確認できます。

 

◆関連記事

サーチコンソールを使いこなせ!あなたの書いた記事の情報が丸わかり

 

 

クエリから情報を取得しろ

 

サーチコンソールを使うことでいろいろ分析できるのはわかったけど、リライトにはどう活かしたらいいんですか?

そこで使うのはクエリの情報です。

 

f:id:daisuke6106-0909:20181202192701p:plain

 

 

こちらの情報は私のあるWEBページの3ヶ月間の情報を集約したものになります。

見ていただくとクリック数はほとんどありません。

ただ、表示が全くされていないかというとそんなことはありません。

 

検索表示順で並び替えをするとわかりやすいですね

 

タイトル、h2を見直せ

クエリの情報は検索する人がどんなキーワードで調べたかということになります。

これがまさにリライトで使える情報です。

 

一度ここに表示されているキーワードが

タイトルやh2の中に含まれているかを確認しましょう!!

 

そして、取得できたキーワードの中で含まれていないキーワードがあれば、

すぐに追加しましょう!!

 

検索順位を引き上げよう

サーチコンソールではその記事の検索順位も教えてくれます。

この情報が本当に有益です。

 

検索順位が上位にいるかどうかは記事のアクセスを集める上で本当に重要です。

検索で上位にいるということはそれだけユーザーの目に止まる回数が増えるということです。

 

皆さんもGoogle等で調べる際に一番最初に出た記事を選ぶことがとても多いと思います。

つまり、検索結果にアクセス数 比例するということです。

 

検索結果で上位に行くことが重要だということですね

そうだよ。その上でクエリの情報がとても重要です。

 

表示回数が多い回数が多い記事キーワード

それはつまりいろんな人が求めている情報だということです!!

 

そして、そのキーワードに関連する内容をより記事の中に盛り込むことで、

記事全体の評価が上がり検索順位が上がります。

 

最後に

◆今まで書いた記事を資産記事にしよう

 ・サーチコンソールを使って分析をしろ!!

 ・クエリの情報は重要参考資料だ!

 ・検索順位はとにかく意識しろ!!

 

過去に書いた記事もあなたの思いが詰まった記事だと思います。

その記事をしっかりと生きる記事にしていきましょう!!