脱.雇われサラリーマン

〜サラリーマン不労所得への道〜

何のために働くのか!?働き方改革が生んだジタハラとは!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サラリーマンおすすめ副業はこちら

 ▼A8.net:初心者ブロガーは必ず登録ここちらから

▼ココナラ:あなたの得意分野を売ってみませんか? 

 

 

f:id:daisuke6106-0909:20181113232535p:plain

ここ数年、働き方が見直されつつあります。

 

  • 残業を減らせ
  • 労働集約的な働き方を改めろ
  • スキルに応じて給料を出せ

 

など、いろいろめまぐるしく動きがありますよね。

 

そんな中でこんな不満を思われている方も多いと思います。

 

残業代が減って、給料減ったのに仕事が減っていない

 

まさに私もその一人です。

社会の流れで働働き方への見直しが求められ、

急速に改革を進めた会社も多くあるのではないでしょうか?

 

36協定で残業規制等は決まっていますが、

それ以上にプライベートを充実させるためにも残業を規制させ、

ライフワークバランスを重視させる施作です。

 

働き方改革の実態はどうか

あなたの会社はいかがでしょうか?

働き方改革をしっかりと推進されていますか?

 

www.fujixerox.co.jp

 

 

ジタハラという言葉をご存知ですか?

最近できた言葉のようです。

 

早く帰れと強制退社だけを促し、

働き方改革を推進している風になっている状況のことを言います。

 

その実態は、完全に働き方改革とは別物です。

 

 

残業をせずに家に帰って仕事をする。

土日は会社に出社せずに、家で仕事をする。

持ち出しのパソコンで仕事をするのは当たり前。

 

 

会社としては、

残業時間が減っているからそれでいいのでしょう。

おそらく会社も社員が家で仕事をしていることは知っているはずです。

ただ、そこには触れてこない。。。

ずるい話です。

 

何のために仕事をするのか

ちゃんと自分のために仕事するのが一番ですよね。

昔、うちの総務が言っていました。。。

 

会社を利用して、存分に成長してください!

 

まさに、こうあるべきです。

 

今の現状は、

 

会社のために社員をどう働かせるか。。。

 

会社の経営者であればそれでいいかもしれませんが、

あなたはあなたを大切にしましょう!

 

 自分ファーストで何も悪いことはありません。