Dr.Xに学ぶプロフェッショナルとは〜私、失敗しないので〜

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:daisuke6106-0909:20180930223140p:plain

プロフェッショナルのあるべき姿とは

Dr.Xで特徴的なセリフといえば、

 

「私、失敗しないので」

 

だと思います。

 

このセリフ、本当に挑発的でいろいろな関係者をイライラさせています。

ここまで強気に自信を誇示する人がほとんどいないからでしょう。

 

ただ、これこそが本当のプロフェッショナルだと思いませんか?

 

外科医だけでなく、どの業界のプロフェッショナルも本来ならこうあるべきだと思います。

 

プロフェッショナルとは

 

「私、失敗しないので!」

私も仕事中に行ってみたいセリフです。

 

なかなか自信満々には言えないですよね!

 

でも、本来の仕事はこうあるべきなんだと思います。

 

どんな仕事でもお金をもらって仕事をしています。

お金の対価として、仕事をしているので、中途半端な仕事をするわけには行きません。

 

そのためどんな状況であっても、どんな仕事であっても

全ての仕事に置いて完璧である必要があります。

 

完璧に仕事をこなすためには

とはいうものの、なかなか全ての仕事を完璧にするのは難しいですよね。

 

どうしてもリスクがありますし、

人がやる事です、ミスもあるでしょう。

 

ただ、より完璧に近づけるために、

リスクを回避する事はできます。

 

とことんリスクを想定する

想定するできるリスクを全て洗い出ししてください。

 

  • もしかしたらこんな事が起きるかもしれない。
  • こんな事は起きないだろう。
  • こんなケースも考えておいた方がいいのでは。

 

とにかく全てです。

全てを洗い出す事で考えられるリスクを想定して対応できます。

 

関連記事:常にリスクマネジメントが必要 〜後回しが与える影響とは〜 

 

ミスが起きた時を想定する

仮にミスが発生したら、そんなケースを想定しておきましょう。

完璧な準備をして望んでもやはり何があるかはわからないものです。

 

そんな時、すぐに対応できるような状態にしておくのです。

 

例えば、システムエンジニアでいうと。。。

 

作業内容:プログラムを納品

リスクヘッジ:作業前のバックアップを取得

⇒何か起きた時バックアップを戻せる。

 

最後に

完璧に作業を行う事でお客様との信頼にもつながります。

その信頼がさらに仕事を生み出していきます。

 

大門先生のように自信を持って

私、失敗しないので!

と言い放つのはなかなか難しいです。

 

ただ、それを言い放てるぐらい

完璧な仕事を心がける事は本当に重要です。

 

サラリーマン生活

改めて身を引き締めて行こうかな。