脱.雇われサラリーマン

〜サラリーマン不労所得への道〜

設計と開発の違いは?これを見れば一目瞭然!!システムエンジニアの仕事について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サラリーマンおすすめ副業はこちら

 ▼A8.net:初心者ブロガーは必ず登録ここちらから

▼ココナラ:あなたの得意分野を売ってみませんか? 

 

 

http://gahag.net/img/201607/05s/gahag-0103196580-1.jpg

 

今日はシステムエンジニアの仕事についてまとめようと思います。

あなたは設計工程と開発工程の違いを明確に説明できるでしょうか?

 

なんとなくイメージはわかっているけど、具体的に何をしているのかはわからない方もいらっしゃると思います。

 

具体的に設計工程・開発工程は大きく内容が異なります。

それらの違いをシステムエンジニアの仕事を見ていきながら、考えていきたいと思います。

 

どうやってシステムってできるの?

システムエンジニアの仕事内容はお客様からいただいた注文に対して、システム導入をすることになります。

 

それらのシステムを導入してお客様は業務改善を行います。 

ではシステムを作るまでに具体的にどのような流れがあるかを見ていきましょう!

 

要件定義工程

この工程ではお客様の要望を整理する工程です。

お客様はいろいろな要望を提案してきます。それらの要望に対して、システムでどのように実現させるのか、またどこまでの範囲をシステムで対応するのかを整理する工程です。

 

 

 

システムエンジニアはお客様が要望されている内容を全て言われた通りに実現するわけではありません。

実際にそれらの要望が本当に必要な内容なのか、実は運用でカバーできたり、間違ったシステム対応を促進してしまう可能性がないのかを整理します。

 

その上で本当に必要な内容、会社の経営効果に直結するような内容をこちらの工程で洗い出します。

 

基本設計工程

次に基本設計工程です。

こちらの工程では要件定義工程で整理した要望に対して、システムでどのように実現できるか進める工程です。

お客様と打ち合わせをたくさん行い、画面のイメージからシステムの動き方まで細かいところを取り決めていきます。

 

 

またこの工程ではシステムを導入する際のテストの計画や今後の段取りに関しても取り決めをすることが多いです。

 

  • いつシステムが納品できるのか
  • どのようなテストを実施していくのか
  • テストのパターンを洗い出しできているか

詳細設計工程

基本設計で決めたシステムの開発内容に対して、具体的な仕様書を作成していきます。

基本設計で取り決めた内容はあくまでお客様とシステムのインターフェースや機能部分が中心になりますが、こちらの詳細設計では内部のシステム的なロジックの部分も合わせて設計を行います。

 

そのためこちらの工程はお客様との打ち合わせをするわけではなく、社内でプログラマーと相談しながら設計をしていきます。

 

 

開発工程

この工程でプログラマーの出番です。

詳細設計でとり決まった内容を元に開発を進めていきます!

ここで初めてシステムの開発に着手していきます。

 

開発工程では詳細設計で作成された仕様書に基づいてプログラム開発を行い、テストを実施していきます。

ここでのプログラム開発では使用されているプログラミング言語は会社によって様々でしょう。

Java言語・C#・HTML・PHPなどなどプログラミング言語はとても多くの種類があります。

 

 

テスト工程

開発が完了したシステムはお客様に納品を行います。

そのあとお客様に業務の中で使用できるのかどうかをテストしていただきます。

システムに問題がないのか、システムで業務を運用できるのか、それらのテストを実施し問題なければ、最終的に本稼働に向かいます。

 

設計と開発の違いって

設計と開発の違いはわかりましたか?

設計はシステムをどのように構築していくかを決める工程、開発はそれらの設計された内容を元にプログラムを開発する工程です。

 

 

さらに設計工程は二つの工程があります。

お客様と機能やインターフェースに対して設計する基本設計工程

内部のシステム設計を行う詳細設計工程です。

 

言葉だけ見るとなかなか分かりづらいですが、こうやって見るとはっきりと行っている内容は異なりますね。

 

 

パソコンに向き合うだけじゃない

見ていただくとわかるように、システムエンジニアの仕事はパソコンを使ってシステムを構築するだけではありません。お客様とたっぷり打ち合わせを行い、たくさんの議論を重ねてシステムを構築していきます。

 

また、一つのシステムを構築するのにもいろんな段階を踏んでいます。

テストを実施する人、設計をする人、開発する人、システムの説明する人

システムエンジニアと言ってもいろんな役割を持った人が関わっているということですね。

 

関連記事:システムエンジニアにはコミュニケーション能力が必ず必要?

 

最後に

システムエンジニアの仕事いかがでしたか?

イメージでなんとなくわかっていたけど、具体的には知らなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

少しはイメージを持ってもらえたかな?

 

ではでは。