脱.雇われサラリーマン

〜サラリーマン不労所得への道〜

システムエンジニアにはコミュニケーション能力が必ず必要?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サラリーマンおすすめ副業はこちら

 ▼A8.net:初心者ブロガーは必ず登録ここちらから

▼ココナラ:あなたの得意分野を売ってみませんか? 

 

 

f:id:daisuke6106-0909:20180926122556j:image

 

社会人になる上で最低限のコミュニケーションスキルは必要になってきます。

仕事は1人でする訳ではないので、同僚・先輩・上司・顧客などなど話をする相手は多くいてます。

 

 

ただ、システムエンジニアになるためにはコミュニケーションスキルが他の人よりも特別に身についていないといけないかというとそんなことはありません。

 

 

システムエンジニアといってもその中でもいろんな仕事があります。

それぞれの得意分野に応じてキャリアを検討することが出来ます。

 

 

理論的に物事を考えるのが得意

システムエンジニアの仕事の中でとても重要な仕事の1つとしてシステム設計の工程があります。この工程は上流のお客様との打ち合わせであがったシステムに対する要望やカスタマイズ案を吸い上げ、システムでどのように構築するかについて考える工程です。

 

こちらの工程で作成した設計書を基本としてプログラムの開発を行うためとても重要な工程です。

 

ここでは、理論的に物事を考えるのが得意な方が活躍できるでしょう。

システム設計はいろいろなパターンを想定し、理論立てて設計をする必要がある工程です。

  

パソコン・プログラムが得意

プログラムが得意な方、パソコンが好きな方はプログラマーがいいでしょう。

システムエンジニアといってもその中にはお客様との打ち合わせをするメンバーだけでなく、プログラムを開発するメンバーもいます。

 

 

それらの方々は最新の知識にとても詳しく、常にいろんな情報を吸収しています。

 

パソコンやプログラムが好きでいろんな知識を習得するのが好きだ!

開発者として新しいものを作るのが好きだ!

 

という方にはプログラマーと道も十分あるでしょう。

 

細かいところまで気になる

細かなことが気になってしまうそこのあなた!

そんなあなたはテスターなんて道はいかがでしょうか?

 

テスターとは開発されて来たプログラムのテストを中心に作業するメンバーです。それらのメンバーは何パターンもあるテストのシナリオを1つ1つ実行し、システムが問題なく起動するか、想定通りの動きになっているかを確認していきます。

 

注意深くチェックできる人、細かいところまで気になってしまう人にはぴったりの仕事です!

 

 

人前で話をするのが得意

人前で話すのが得意な方はどんどんお客様の前に出ていきましょう!

システムの使い方、課題の整理、打ち合わせなどお客様との話す機会はいくらでもあります。

 

是非、得意分野を活かしてお客様のハートをがっちりと掴んでいきましょう

 

 

最後に

このようにシステムエンジニアになろうと思ってもいろいろな仕事内容があるのです。

コミュニケーションが少し苦手だからといって、システムエンジニアになることを諦めないでください。

 

今までいろんなシステムエンジニアと仕事をしてきましたが、

本当にタイプはいろいろいてます。

 

本当に個性豊かです。

 

是非是非、あなたも個性あふれるシステムエンジニアになりませんか? 

社内SEの待遇や年収を知りたい方は【社内SE転職ナビ】