脱.雇われサラリーマン

〜サラリーマン不労所得への道〜

たばコミニケーションってずるい!求む、お茶コミニケーション!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サラリーマンおすすめ副業はこちら

 ▼A8.net:初心者ブロガーは必ず登録ここちらから

▼ココナラ:あなたの得意分野を売ってみませんか? 

 

 

f:id:daisuke6106-0909:20180720123018j:image

 

 

こんにちは。おこげです。

 

皆さんはタバコを吸われますか?

最近はIQOSプルームテックグローなどいろんな電子タバコが発売されているので、喫煙者の方も多いのではないでしょうか?

 

 

ちなみに、私は非喫煙者です

 

 

学生の時、ちょっと吸わしてもらったことはありますが、全く美味しいと感じず、肺にも入れることが出来ませんでした。

 

 

今まで、

 

タバコなんて吸っても、何の得にもならんし、みんななんでそんなに吸うんやろ。。。」

 

と思っておりました。

 

ただ、最近喫煙者ならではのメリットを少し感じる部分がありましたので、その話をしたいと思います。

 

タバコの考えられるマイナス点

 

喫煙者の方には申し訳ないが、タバコはマイナスな面が非常に多いです。

 

デメリット

金銭面

タバコにお金がかかるのは言うまでもない。

ベビースモーカーで1日1箱吸うような人がいた場合、

約400円 × 30 = 12000円

 

月にかかる計算になる。

それがなくなれば年間何回か旅行行けますよね( ̄∀ ̄)

 

肺がんのリスクが上がる

あの煙はいかにも体に悪そうな感じしますよね。。。

タバコを吸ってると肺がんになるリスクが4〜5倍になるそうです。

 

 家庭では肩身の狭い思いをする。

これは、私が身近な人に聞いた話ですが、家庭では制限のある暮らしになっている方が多いみたいです。

タバコを吸う時は換気扇の下に行ったり、ベランダに出て吸ったり。。。

 

などなど、タバコを吸うことによるデメリットは多く存在します。

 

 

メリット

ただ、そんな中唯一タバコを吸うことでのメリットも考えられる。

 

 

それはタバコミュニケーションだ。

 

 

たばコミュニケーション

 

喫煙者の方はよくご存知だろうが、タバコを吸いながら喫煙所で喫煙者通しで話すことがよくある。

それをたばコミュニケーションといいます。

これは私が作った造語ではありません。笑

 

たばコミュニケーションで考えられるメリットがいくつか上げられます。

 

新たな交流を持てる

喫煙所には、いろんな人が集まります。

仕事で全く絡んだことのない人たちや、とても上の上司の方々、また年次の離れた後輩など。。。

普通に仕事をこなすだけでは、なかなか絡まないような人たちとも、喫煙所で一緒になることがあるのです。

 

 

そんな人たちと一緒になり、喫煙所でタバコを一緒に吸っていると、

気軽に世間話や仕事の話しをすることができ、交流を持つことができます。

 

 

そこから人脈の幅を広げたりすることができると考えると、とても有益な場所だと思います。

 

 

 

 落ち着いた時間の確保

もう1点、私がメリットとして考えるのは落ち着いた時間を確保できるということです。

私はまだまだ下っ端です。

そんな中、上司や先輩に相談、報告する際もタイミングをすごく気にします。

 

 

そんな先輩や上司がもしタバコに行く的について行ってみて下さい。

日頃、いろんな案件でバタバタしてる上司もタバコの時ばかりは落ち着いて耳を傾けてくれるのではないでしょうか?

日頃、タイミングを気にして伝えれない内容などもそこであれば話に出すことができるかもしれないですしね( ´ ▽ ` )

 

もちろん、報告の内容によっては喫煙所で相談すべき内容では無いこともあるでしょうから、気をつけましょー♪♪

 

 

まとめ

これを機にタバコを始めようとは全く思いませんし、禁煙していて損したなーとま思いません。

ただ、喫煙所に変わる気軽に行ける休憩室みたいなところが会社にあればなーと思います。

もしかしたら、皆さんの会社にはあるのかもしれないですね(^-^)